class="post-template-default single single-post postid-328 single-format-standard categoryid-24" itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage">

ハロウィンパーティー!今年はどうなるか?クラスターが心配!

スポンサーリンク

こんにちわ めいきです

毎年恒例のハロウィンがやってきました、若い人たちは待ちに待った時節です!

街に出てグループでの飲み会や 仮想して大騒ぎしたい人 又小グループでの飲食楽しみですよねー(^^♪

仮想するために色々そろえている人もいると思いますが いかがですか実際にその仮装用の道具やメイク使う機会があるでしょうか・・・涙。

今年はどうでしょう?先日もニュース等で言っていましたが「ソーシャルデスタンス・三密」を出来るだけ避けるようにとの事が 報道されていました、私は昔から そうゆうお祭り騒ぎが苦手な物で、どちらでも構わないんですが 騒ぐのが好きな人たちにしては 残念でならないと思います😢!

大騒ぎすることには反対はしませんが、ここで少し「ハロウィンの意義・由来・起源」等を考えてみましょう!

本来ハロウィンとは、キリスト教の諸聖人に祈りをささげる祝日「万聖節」の前夜祭としてヨーロッパ発祥のお祭りです。秋の収穫を祝い、先祖の霊を迎えるとともに悪霊を追い払う祭りで、日本のお盆に当たる行事になります。

現在では10月31日がハロウィンとして定着していますが、正確な機関としては10月31日から11月2日。キリスト教ではこの期間、この世に戻ってくる死者の魂を慰める行事を行っています。

ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていた「サウィン祭」が起源と言われています。古代ケルトでは 11月1日が新年に当たる為 10月31日は日本で言う大晦日になり、夜に家族に会うために戻ってくると信じられていました。しかし悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり子供をさらったり、現世の人たちに悪いことをすると言われてきました、そこで仮装で悪霊を驚かせたり、焚火で悪霊を追い払ったとされています!

現在では、大人も子供も一緒になって仮装をして楽しむようになってきました、宗教的な意味合いは薄れてきているようです、なのでハロウィンパーティーは大いに楽しめばいいと思います。

今年はどうなるか?クラスターが心配!

現在のところ 一部の報道ではクラスター発生している為 去年の様に大騒ぎは出来るだけ避ける方が良いと思いますがいかがでしょうか?

街に繰り出すのも結構ですが「感染しない・感染させない」そのためには 可能な限り少人数でパーティーなどを行うべきだと思います。

報道で街の若者に聞いていましたが 4・5人で今回は楽しむと答えていました、「本当は待ちで騒ぎたいけれど今年は仕方がない」と、やはり若者も良く分かっていると思います。今年はやむ負えないのでわないでしょうか、本当に残念ですが見えない相手には やはり静観が一番だと思います。

何時もなら仮装グッズも良く売れていたでしょうが 今年だけは仕方がないと思います、販売されている方たちには 大変な年になりましたが。必ず元に戻る時期が来ると信じて頑張ってください!

まとめ

今回はハロウィンの起源や言い伝えの豆知識 更になぜ仮想をするのか色々書かせていただきました。

現在ではキリスト教の宗教的な意味合いは ほとんど薄れていますので誰でも、ハロウィンパーティー等で楽しめばいいと思います、私も最初はあまり興味がなかったんですが 起源とか由来を知ってから 何か若者が楽しむ気持ちもわかってきた気がします。

来年もし 新型コロナウイルスが終息していれば 私自身はしゃいでしまいそうな気持になってきました。

今年のパーティーは少し寂しい気はしますが お互いの為を考えておこなっていただければ、よりよい年になるのではないでしょうか 更に街に繰り出すのも 少し控えめが良いと思います。 いかがでしょうか( ^ω^)・・・

それでは今回はこの辺で失礼いたします、最後までご覧いただき有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする